データ2


体験談は製品研究用のものです

糸状菌発酵ウコン茶体験談(1包飲みとは、お茶にするのではなくティーパックの袋を破き、中身をそのまま水で飲むことです。)


札幌市東区 K様(35歳) 膠原病
体の調子を壊したり、疲労すると腸から出血する膠原病で何年も苦しんできました。友人より、糸状菌発酵ウコン茶は「体調を整えて良い。」 と言われて飲んでいました。腸からの出血もとまり体調もよくなっています。


札幌市西区 S様(45歳) 膠原病
筋肉が細くなったり肝臓が弱るといった膠原病で、とても苦しんでいましたが。肝臓によい糸状菌発酵ウコン茶を飲み続けたところ、肝臓の悪化を止められるようになり、筋肉が細くなる膠原病の進行も少し止まったようになり、体調も良くなりました。


琴似町 S様(60歳)
病弱で寝たきりでしたが、糸状菌発酵ウコン茶が体によいと聞いて、飲み始めて体力が回復しました。10年ぐらい除雪などした事がなかった私ですが、今年の雪で除雪をしました。皆にからかわれ次の日は寝込むと子供たちに心配されましたが、ママさんダンプで除雪もでき、次の日も元気一杯で皆大喜びしました。糸状菌ウコン茶をこれからも飲みつづけます。


札幌市白石区 M様(50歳)腎臓
尿の出が悪く、病院から調合されたプレソニンという薬を飲むと2時間ぐらいは尿が出るのですが、疲れがひどく一日中寝ていなければなりませんでした。FMアップルのアナウンサーをしている娘の放送を聞いていたら、この糸状菌発酵ウコン茶が良いと聞き飲んだところ尿の出具合はこの薬よりもよく体の疲れがなく、一日中働けるようになりました。私の身体の調子が良くなったので、同じ病院に入院していた仲間たちにも飲んでもらったところ、看護婦さんを含めて多くの方に喜ばれています。


札幌市厚別区 M様(40歳)アレルギー
アレルギー体質で体のかゆみや、皮膚がガサガサになることがあり、何を飲んでも改善されず家事もとても大変でした。糸状菌発酵ウコン茶を飲んで、すぐに体からかゆみがとれました。体調も良くなり続けて飲みたいです。花粉にもやられることが多かったのですが、飲みつづけるととても楽です。


虹田郡豊浦町 O様(55歳)糖尿病
営業の人が職場に来て、糸状菌発酵ウコン茶は他のウコン茶とは違うと言われ、糖尿病の改善に飲みました。200以上もあった血糖値は今は100の正常です。1年前から病院の薬もなくなり、病院へ行かなくてもよくなり、喜んでいます。毎日、糸状菌発酵ウコン茶を飲みきちんとした生活をしており、今度は予防のため糸状菌発酵ウコン茶を毎日飲んでいます。


札幌市北区 Y様(50歳) 偏頭痛
生命保険会社に勤めており、時々偏頭痛に悩まされていました。いつも頭痛で悩まされていましたが、糸状菌発酵ウコン茶を紹介され、飲んだところ、偏頭痛がおこらなくなりました。また、肩こりや、更年期障害もやや改善しました。


札幌市北区 K(51歳) 胃腸
原因不明の胃痛がして、食事もあまりとれなくなり、寝ていても胃痛がありました。東大病院へ行き、胃カメラの検査を受けましたが、「ただれていますね、軽い潰瘍ですね。」と言われ。何年も治る事がなく、体力も落ちました。沖縄の友人から「糸状菌発酵ウコン茶を飲んでみたら・・・」と送られてきて、飲んでみると良い感じがして、毎月通っていた病院へいく事もなくなり体力も回復しました。今ではとても良くなりました。


幌泉郡襟裳町 S様(40歳)メニエール
軽いメニエール病でしたが、糸状菌発酵ウコン茶を飲んでいると、仕事をしていてもめまいがなく、疲れず体調もよいです。便秘もおかげさまで改善されました。今は体調を保つために飲んでいます。


北見市?Y様(40歳)メニエール
メニエール病で入退院を繰り返していました。北海道で権威と言う人にも見てもらいましたが、一向に改善されませんでした。しかし、糸状菌発酵ウコン茶を飲むようになってとても楽になりました。もう糸状菌発酵ウコン茶だけが頼りです。1回に10箱も買って毎日飲んでいます。


石狩市 S様(82歳) リューマチ
リューマチが出て、ひじの関節が痛み歩くのも大変でした。リューマチから心臓肥大になり、ベッドから起きるのも大変になり、毎日の大半が寝ているような生活でした。これを見た友人より糸状菌発酵ウコン茶を勧められ、飲むようになり、ベッドから起き上がるのもたいぎでなくなり、体力が回復してき、リューマチ、心臓の状態も良くなってきました。


札幌市西区 K様(60歳) 風邪
糸状菌発酵ウコン茶を飲むようになってから、毎年、数回風邪で1週間ぐらいダウンする日々でしたが、昨年と今年一回も風邪にかかりません。風邪を引きそうになると、糸状菌発酵ウコン茶を多くのみ、暖かくして眠ると、次の日に回復しています。糸状菌発酵ウコン茶のおかげです。


札幌市白石区 A(50歳) 肝臓
社長の仕事柄付き合いが多く、飲食も多いので糸状菌発酵ウコン茶を1日7袋飲んで体調を整えていました。病院にチェックに行く度に数値が安定しており,安心して深酒をしておりました。原種ウコンという5800円もするウコンを飲んでみたところ、病院で数値を調べるとすべての数値が悪化しており先生からとてもしかられました。おなじウコンでも糸状菌発酵ウコン茶の良さを見直しました。もうこの糸状菌発酵ウコン茶を飲んだら他のウコンは飲めません。


札幌市南区 Y様(60歳) 肝臓
C型肝炎ですが、糸状菌発酵ウコン茶を飲んで高かった数値(GOT,GPT,とも100以上)が正常値(GOT,GPTとも20以内)になり安心しています。20箱まとめて買って飲んでいます。乳がんもあったのでお医者さんが抗ガン剤を使いましたが、糸状菌発酵ウコン茶を使って肝臓を強くしたので副作用もとっても軽くすみました。疲れ具合も徐々に良くなっています。


室蘭市 Y(62歳)糖尿病
友人に紹介され飲み始めました。飲み始めてすぐに医者のところで検査してもらうと178あった血糖値が128、7.8あったヘモグロビン値が6.4になり、飲み始めて3ヶ月ですが血糖値130、ヘモグロビン値6.1となり、もう少しで正常値になりそうです。町会の役員をしているので、自分の下がった数値を見せて勧めています。ゲートボールの仲間の副会長さんも糖尿病で糸状菌発酵ウコン茶を飲みはじめたところ同じように数値が下がり、今では老人クラブと町内会の7〜8名がウコンを飲むようになりました。


札幌市東区 S様(55歳)糖尿病
糸状菌発酵ウコン茶を職場に売りに来たので飲んでいます。妻と一緒に飲み始めました。糖尿が改善されるというのと、体調が良くなってきているという妻の勧めもあって飲み続けました。200の値が6ヶ月で正常値の100になり、残りはヘモグロビン値で後には5.0になり、この成果に驚いています。会社で友人もビックリしています。やっぱり1年近く糸状菌発酵ウコン茶を飲んでいて良かったと思います。職場で私が良くなったと知った同僚たちも、糖尿病の両親に飲ませることになりました。


山口県 A様(60歳)ガン
寝たきりの阿部さんは、言語障害もあり、自由に動く事も出来ませんでした。息子さんも北海道にいて、糸状菌発酵ウコン茶を飲んでいましたので、よさを良く知っていました。山口県の実家に帰るとお母さんの具合が良くないので、1999年7月に病院へ連れて行くと,腎臓ガンが肺に転移して胸が腫れており、残り3ヶ月の命と言われました。1ヵ月後には腎臓の細胞がくずれ血尿が出て苦しむと言われました。糸状菌発酵ウコン茶が末期のガンに良く効くと聞いていたので、飲ませることにしました。一包飲みするように勧められましたが、上手に飲めないので、すり鉢ですってオブラートで包んで飲ませたところ、食欲が出て、いつもご飯を一膳も食べられなかったのが、二膳も食べて、一ヵ月後で血尿も出ず、以前より元気になりました。 朝起きるとウコンを飲んで死亡予告の3ヶ月になりましたが、10月には東京旅行までしています。お医者さんも首をかしげています。「糸状菌発酵ウコン茶は凄いな」と阿部さんは言っています。阿部さんから電話があり、11月12月の検査では、ガン組織が大きくならず同じ大きさで、担当医師も7月以来何の治療もしていないのにどうしてこのように元気なのか、ガンが大きくならないのか首をかしげています。糸状菌発酵ウコン茶を飲んでいて良かったと言っています。


大阪府 I様(60歳) ガン
悪性の肺がんになり、入院中に糸状菌発酵ウコン茶菌を飲み、体調がとてもよくなり、飲み続けていました。ガン治療の時は抗がん剤が苦しくて大変でしたが、糸状菌発酵ウコン茶を飲むと抗がん剤の副作用がとても楽になりました。


札幌市西区 Y様(43歳)ガン
北海道大学病院でガンの手術を3回受けており、「こんどガンが出来たら難しい事になります。」と担当の先生から言われていました。難しい手術でしたが1998年10月に入院し肝臓と大腸に転移したガンを取り除きました。糸状菌発酵ウコン茶と北大の先生により助かりました。これからもずっと糸状菌発酵ウコン茶を飲み続けたいと思います。


恵庭市 I様(62歳)ガン
大腸ガンからの転移で1999年2月に肝臓ガンが肝臓中に出来ました。あまりにも数が多いので手の施し様がなったのですが、無数にあるうちの一番大きいのに抗がん剤を注入して除去する手術をしたら、とても熱が出て大変でした。お医者さんは、「きびしいですね。」といって諦めていました。そのとき、糸状菌発酵ウコン茶がよいと聞いて飲み始め、3ヶ月でガンは大きくならず、むしろ減少しました。まだ完治していませんが、元気になった本人を見て、お医者さんは、次に大きいガンを別の方法で取り除こうと2000年1月に手術をするまでになりました。糸状菌発酵ウコン茶を頼りに頑張っています。


札幌市西区 K様(52歳) 白血病
1998年7月病院で検査した時に、慢性白血病といわれました。「会社も退社してください。3年もてば良いほうです。」 と言われるほど肝臓の値が悪く、何の手当ても出来ませんといわれました。糸状菌発酵ウコン茶を飲んでいると、肝臓の数値も良くなりお医者さんが驚かれました。「これなら抗ガン剤、インターフェロンの治療が出来る。」 と言って、抗ガン治療にあたっています。その間に、糸状菌発酵ウコン茶は飲み続けて、最初ガンの白血球は15%が正常でしたが、現在は逆転して85%が正常になっています。会社も海外旅行もOKになりました。白血病としては北大病院の中でも経過は良い方で、もしかすると回復の希望が持てるようになってきました。インターフェロン治療も続けながら、糸状菌発酵ウコン茶も飲み続けています。


札幌市 Y夫妻様(55歳) 糖尿病 二日酔い
札幌の建材会社の社長、桑原様の紹介で当社、営業部長の安田様は糸状菌発酵ウコン茶を飲んで2ヶ月後に病院へ行くと、糖尿病が改善されヘモグロビン値が正常になっていました。驚いた事に、奥様も糸状菌発酵ウコン茶を体調が良くなました。建材会社の社長は仕事柄酒の席が多く糸状菌発酵ウコン茶を飲むことによって次の日の悪酔いを防いでいます。他の会社の社長様にもどんどん紹介させていただいています。


苫小牧市 Y様(65歳) 肝臓ガン
由利様は8年前に腸にガンが出来、きれいに取ったのですが、約4年前に肝臓に転移しました。お医者様も無数にある肝臓の悪性ガンに手の打ち様がなく、きびしいと家族に打ち明けられていました。そんな時、友人のガン患者から糸状菌発酵ウコン茶の紹介を受け飲みはじめました。お医者様の手当てと、糸状菌発酵ウコン茶を大量に飲み2000年7月には「ガンがかなり小さくなっている。」 とお医者様からうれしい報告を受けました。


札幌市 Y様(55歳)体力回復 黒いシミがとれた
会社に糸状菌発酵ウコン茶を売りにきたのを買って、飲んでみると悪かった体調が良くなりました。また、黒い皮膚のシミもとれ元気な肌になり、会社の人が私を見るたびたびに「元気になりましたね。どうしたのですか?」と聞かれ、糸状菌発酵ウコン茶を紹介しています。おかげで会社の中にも糸状菌発酵ウコン茶の愛用者仲間も増えました。


札幌市 T様(68歳) 結核 肺炎 糖尿病
田中様は結核、肺炎、糖尿病を患っていました。ほとんど毎日病院へ通う日々を送っていました。糸状菌発酵ウコン茶菌で、まずは肝臓と糖尿病を治そうと飲んでいました。半年ほどして病院へ行くと、『結核は自然に治っています。』とお医者さんに言われびっくり。糖尿の値も肝臓もとても改善され、「もう糸状菌発酵ウコン茶は手離せない。」と言っておられます。


札幌市 N様(40歳)
中西様は、看護婦さんとして働いています。中性脂肪が280もあったのでお医者さんから薬をもらって飲んでいましたが、いっこうに下がりませんでした。友人から糸状菌発酵ウコン茶を飲んで数値が100以上2ヶ月で下がった人がいると聞いて飲んだところ、約4ヶ月で180も下がって100になったのです。お医者さんもこれにはびっくりして何を飲んだのかと色々聞かれました。それから、糸状菌発酵ウコン茶はナースステーション内で噂になり、ナース数人が定期的にまとめ買いをしています。






    





野草酵素サンプル・プレゼント/無料資料請求はこちらから